プロフィール
まさあき

運動大嫌い、陸上経験0、最大体重は95kgありましたが、現在64kgまで減量しました。
マラソン歴11年目。
「各距離の自己ベスト」
・1キロ2分55秒1(2021/4月練習)
・5キロ16分35秒6(2020/10月練習)
・10キロ34分47秒(2021/1月練習)
・ハーフ1時間14分58秒(2021/1月練習)
・30キロ1時間48分40秒(2020/12月大阪ロードレース)
・フルマラソン2時間35分19秒(2021/3月第43回大阪フルマラソン)

フルマラソンで2時間35分を切るため頑張っています。
陸上経験の無い市民ランナーに役立つ情報をお届けできれば幸いです。

まさあきをフォローする

2019年2月24日姫路城マラソンレポート

大会記録
スポンサーリンク

★レース前調整(3日前体重65.3kg、2日前体重65.9kg、前日体重66.4kg)
・6日前のポイント練習は5キロタイムアタック17.17と目標通りだった。
・3日前の1キロ走はキロ3.33。想定通り。
・右大腿四頭筋が張っていて。気持ちの面ではやや不安があった
・前日姫路観光を楽しみ、夜ご飯はしっかり鰻丼&カステラを完食。それでもお腹が空いていて体の調子は良さそうだった。

★レース当日(ラン前体重64.6kg、約3400kcalカーボローディング、6℃晴れ、ほぼ無風)
・少し早めの朝3時30分に起床。右大腿の張りに対する不安は残っていた。
・5時~体幹トレーニング、動的ストレッチ。6時~軽く小走りをした。動きはスムーズで調子良さそうだった。
・会場に行くまで鼻歌を歌うなど、機嫌は良かった。

★レース内容(シューズ:ヴェイパーフライ27.0cm)
・スタート~5km:19.23
やや体が重たく息苦しい。あまり体は動いていない印象で、とにかくゆったり入ることを心掛けた。

・5km~10km:19.24
登り区間。力を使わず前のランナーについていくことにした。息苦しさは改善し、淡々と走っていた。

・10km~15km:19.29
登り区間。まだ前方ランナーについて走っていた。少々居心地の悪さ、リズムの悪さを感じながらも1人飛び出す勇気もなかった。

・15km~20km:18.50
15kmからさすがにこのペースではサブ40は無理だと思い、集団を抜け出すことを決意。ややハイペースを感じながらも巻き返しを図ることにした。

・20km~25km:18.47
下り区間。ストライドを少し広げてさらにペースアップを意識した。後半脚が持つか不安だったけれど、玉砕覚悟で走ることにした。

・25km~30km:18.31
ランナーズハイに。走るのが楽しくて笑顔もこぼれ始めた。30km地点で応援に来てくれた母親に手を振る余裕もあった。

・30km~35km:19.13
前方ランナーを一人ずつ抜かしていたが、32km地点で後ろについて少し休憩しようと考えがよぎった。これが痛恨のミス。リズムを崩し一気に苦しくなった。

・35km~40km:19.39
かなりキツく、19分台前半のスピードに戻す力は残っておらず、何とか失速率を縮める事を意識した。

・40km~ゴール:8.28
そこまでペースは落ちず。キロ4分切るペースで粘れた。

記録:2時間41分48秒(Average3.50)、ネット2時間41分44秒、(前半1.21.01、後半1.20.43)、総合21位、年代別6位

★総括、反省点
・わずか3ヶ月で自己記録を3分縮められたのは良かった。しかしサブ40の達成は出来なかった。
・前日も適切なご飯をしっかり食べ、おやつは控える事が出来ていた。
・しかし前日の体重が増えすぎており、やや疲労抜きがうまくいっていない印象を受けた。
・概ね体の調子、気持ちの調子ともに整っていたが、サブ40を達成できなかった要因としては、気持ちの弱さにあったと思う。15km以降単独走を決意したなら、32kmで前方ランナーの後ろに中途半端につくべきではなかった。やはりまだサブ40を超えられると自分自身の中で確信できていないのだろう。
・4月以降は総合的な地力を鍛えていこうと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました