プロフィール
まさあき

運動大嫌い、陸上経験0、最大体重は95kgありましたが、現在64kgまで減量しました。
マラソン歴11年目。
「各距離の自己ベスト」
・1キロ2分55秒1(2021/4月練習)
・5キロ16分35秒6(2020/10月練習)
・10キロ34分47秒(2021/1月練習)
・ハーフ1時間14分58秒(2021/1月練習)
・30キロ1時間48分40秒(2020/12月大阪ロードレース)
・フルマラソン2時間35分19秒(2021/3月第43回大阪フルマラソン)

フルマラソンで2時間35分を切るため頑張っています。
陸上経験の無い市民ランナーに役立つ情報をお届けできれば幸いです。

まさあきをフォローする

2019年9月1日5000m記録会×2本レポート

大会記録
スポンサーリンク


1週間前に行われた北海道マラソンでの反省をいかして昨晩お寿司等の生ものは我慢我慢。
5000m17分切りを目標とし、リベンジマッチに燃えておりました。

朝の体重64.7kg、体調○

なんと体重が64.7kg!

北海道マラソン時よりも1kg軽量化に成功しこれは覚醒の時なのでは!?とニヤニヤしておりました。そしてこのチャンスを逃すまいと満を持してヴェイパーフライネクスト投入を決意!!

←3万円もする代物です(汗)

少々日差しによる暑さを感じましたが、コンディション良く挑みました。

5000m1本目、気温26℃晴れ

ウォーミングアップ5キロ21分

5000m1本目17分17秒
(3.25,3.30,3.30,3.30,3.22)

クールダウン3キロ16分

当初1キロ3分20秒(トラック1周80秒)で走るイメージを描いていたのですが、現実は全く違いました。
僕は5000mの走り方に慣れていないので、ひとまず様子をみようと思い無理のない範囲で前方選手についていったのですが、最初の1キロが3分25秒・・・。これはまずい!と思い慌てて単独走に切り替えましたが中々難しいものですね。2キロ目のラップはなんと3分30秒(泣)

キロ3分20秒くらいに上げたいのですが、中々体が動かずそのまま3,4キロ目まで淡々と3分30秒で刻むことに。。。ラスト1キロは切り替えて3分22秒まで上げれましたが、結果は自己ベストタイ記録である17分17秒で終わってしまいました。

「ぜーはーぜーは」するような苦しさは無くいつもの20分間Tペース走と同じように走ってしまったという感じです。「フルマラソン」のための練習をずっとしてきているので粘り強さはありますが、スピードが不足しているとつくづく思いました。

スピード練習の一環としてエントリーしたので2本目の5000mでは

「絶対最初から突っ込んでいこう!」

と決意。そしてドーナツ&バナナを摂取し急いで2本目の会場へ移動しました。

 

5000m2本目、気温30℃晴れ

ウォーミングアップ1キロ5分

5000m2本目17分13秒
(3.12,3.21,3.35,3.36,3.29)

クールダウン5キロ30分

トータル24キロ約107分(Average4.26)

とにかく暑い!!

競技運営が全体的に遅れていたので、30分程待っていたかと思います。始まる前から消耗戦、すでに喉はカラカラという素晴らしい追い込みっぷりでありました。

とにかくレースを楽しもうと思い、スタート直後猛ダッシュを敢行!!
校内マラソンで毎年何名か目立ちたがり屋さんが行うあれです(笑)
最初の200mまでトップ通過し「これは注目の的なのでは!?」と何だか嬉しかったです。
当然即効でかわされて3番手で走行する事となりましたが(泣)

1キロの時点で3分12秒・・・。これは速すぎるなと思いながらももはや後には引けません!かなり苦しいですが必死に2番手の選手の後ろにつき粘る作戦に出ました。
2キロ目のラップが3分21秒でここからは2番手の選手についていくことが出来なくなり、さらに後ろから1人かわされて4番手に。
とにかく粘りまくる作戦で今度は3番手の選手についていきました。3キロ目のラップが3分35秒とかなり失速したのですが、4キロ目は3分36秒とそこまで落ちませんでした。
マラソンで粘る練習が効いたのかもしれません。4キロ通過タイムが13分44秒だったので、あと1キロ3分30秒でいけば自己ベストを更新できる!と俄然やる気になり、気持ちを切り替えて5キロ目は3分29秒で終え結果は17分13秒。何とか自己ベストを4秒更新出来ました。

夏場で5000mの自己ベストを更新出来た事は凄く自信になりましたがしかし・・・

走り方が下手過ぎます(泣)

陸上経験の無い市民ランナーなので大目にみてくださいね。とにかく楽しく好きなように伸び伸びと練習していきたいと思います。
今後9月末~10月末にかけて数本5000mの記録会に出場し、今度はしっかり17分を切れるようにしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました