プロフィール
まさあき

運動大嫌い、陸上経験0、最大体重は95kgありましたが、現在64kgまで減量しました。
マラソン歴11年目。
「各距離の自己ベスト」
・1キロ2分55秒1(2021/4月練習)
・5キロ16分35秒6(2020/10月練習)
・10キロ34分47秒(2021/1月練習)
・ハーフ1時間14分58秒(2021/1月練習)
・30キロ1時間48分40秒(2020/12月大阪ロードレース)
・フルマラソン2時間35分19秒(2021/3月第43回大阪フルマラソン)

フルマラソンで2時間35分を切るため頑張っています。
陸上経験の無い市民ランナーに役立つ情報をお届けできれば幸いです。

まさあきをフォローする

2019年12月15日防府読売マラソンレポート

大会記録
スポンサーリンク

★前々日~当日
・木曜日の夜~カーボローディング開始。
・1週間前からずっと腹痛に苦しんでおり精神的には疲弊していた。
・土曜日前日ようやく食べても腹痛が生じなくなった。
・前日6kmのウォーキング&観光。
・2日前体重63.6kg、前日体重63.3kg、当日朝体重63.1kg。全くもってカーボ&ウォーター溜まらず。

★当日~レース前
・5時過ぎ起床。7時間近くしっかり寝たけれど、何となく眠たくてだるい。この時点で今日のコンディションを悟ってしまう。
・近くのローソンで朝ご飯を購入。やや吐き気を感じながらも何とか摂取。

・7時30分~いつも通り体幹トレーニング&動的ストレッチ。カーボが溜まっていれば暑くて汗が出てくるけれども、全くそんな兆候はなし。むしろやや息苦しい。
・排便もうまくいかず、残便気味。
・とにかく走るからには次に繋がる走りをしようと思い、失速覚悟でサブ35ペースを決意

★レース
・スタート~5km:ロスタイム9秒。サブ35ペースの集団についていく。18分11秒
・5km~10km:集団について走る。余裕もあり、8キロ地点で応援してくれていた妻に手をふる。お腹の赤ちゃんにタッチしようと思ったが、さすがに失敗。18分05秒
・10km~15km:淡々と走る。このままサブ35達成出来るかなと思っていた。18分19秒
・15km~20km:18km辺りから一気にキツくなる。心拍数も190を越え完全に脱水状態なんだと自覚。腸管内にガスが溜まり腹痛も出てきた。18分23秒
・20km~25km:腹痛と脱水で完全に脚が動かなくなる。右足首の違和感も出始めており、ここからはダメージを減らす走りに切り替える。19分49秒、ハーフ1時間17分13秒
・25km~30km:もはや給水も受け付けず。止まっては走るの繰り返し。22分09秒
・30km~35km:同じく止まっては走るの繰り返し。22分29秒
・35km~40km:38kmで下痢発生。トイレロス4分30秒。27分29秒
・40km~ゴール:再び下痢の兆候が出始めたが、何とか我慢してゴール。9分34秒、結果2時間54分27秒

★レース後
妻、妻のご両親と合流。ご両親には妻とお腹の赤ちゃんを見ててくれた事にひたすら感謝です。
会場で肉うどんを食べ、湯田温泉でお風呂に入り、お寿司屋さんに行きました。







寿司会席を堪能しました。
また、この1週間腹痛に耐え忍び、相当精神的に参っていたので…



日本酒を目一杯飲みました。

さらに帰りの新幹線では獺祭とかまぼこ&外郎を堪能しました。

★総括
・1週間前腸炎に罹患し、やはり胃腸の調子は誤魔化せなかった。当日も排便不良でスタート前から眠りたい気持ちが強く、マラソンを走れるコンディションではなかった。
・心拍数をみていると15キロまでは170未満で走れており、その後一気に190台へ。脱水が進んだんだなあと思った。
・今後は記録だけでなく、パパとして旅行も兼ねて楽しく遠征したいので、調子が悪くても、思うようにいかなくても、今回前日の観光やレース後和やかに食事をする事が出来て良かったと思う。

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました