プロフィール
まさあき

運動大嫌い、陸上経験0、体重は最大で95kgありましたが64kgまで減量しました。
21歳から33歳まで13年間のマラソン歴。
「フルマラソンの自己ベスト」
・公認2時間38分03秒(2021/12月奈良マラソン)
・非公認2時間35分19秒(2021/3月第43回大阪フルマラソン)
記録志向のマラソンやレースからは退き、現在は二児のパパとして子育て+趣味としてランニングを満喫しています。

まさあきをフォローする

奈良マラソン2023③レースレポート

大会記録
スポンサーリンク

奈良マラソン2023その③レースレポート。

2時間46分38秒(Av㌔3.57)
(0.03→20.14→19.53→19.29→19.53→19.21→20.04→19.21→19.39→8.41)
・ピッチ190、ストライド1.35
・シューズ:ヴェイパーフライNext%3
・気温10〜18℃晴れ
・前日ビール2L、モルテン無し、15キロでカフェインタブレット、27キロでメイタンCCC摂取

<雑感>
テーマはフルマラソンへの自信を取り戻すため最後までしっかり走りきる事。
全体的には最後までピッチを落とさず素晴らしい走りだった。
ここ最近の練習から見積もりMペースはガーミン㌔3.48〜44。ただしこれは平地条件。
奈良マラソンは高低差80mの激坂に加えて20〜40mの坂を何度も繰り返す難コース。平坦コースの3〜5分落ちは当たり前なのでガーミン㌔3.55〜50が妥当なところ。
また今日の気象予報からレース後半の暑さが予想された。
それを踏まえて㌔4.00〜3.55くらい?うまくいけば昨年の記録2.46.58を超えたいと思っていた。

<レポート>
・走り出し直後に右足底に僅かな突っ張り、左臀部の張りを感じた。福知山マラソン以降時々感じている部分。
福知山は極度の脱水レースでダメージがまだ癒えていないのかも。普段の練習でも今回のレースでも支障無かったけれど今後注意が必要。
・最初の1キロは㌔3.50。下り坂だしまあこんなもの。無理せずマイペースに走行。5キロ20.17。この時点では「今日もまたダメなのかな…」と思っていた。5キロ地点で家族とハイタッチ。これは楽しめた♪
・奈良マラソンで集団走は期待出来ないから基本的には単独走。何となくハマらない感覚。
状況を変えようと12〜16キロで数人の集団に付いてみた。楽になるどころかさらに苦しくなる。ここで急に閃いた!
「そうか!ピッチを落とし過ぎてるんだ!」
・16キロ以降の高低差80m激坂で意を決してピッチ195にガンガン上げてみる。勿論激坂だからゼーハー心肺はキツいのだけれど眠っていたリズムが甦る。
「そう!これだこれ!」
僕の本来の走りはピッチをしっかり高めて上下動を減らし効率良く最後まで刻む形。パワーがあってストライドを広げてダイナミックな走りじゃない。
加えて過去最高級の軽量化。少々ピッチを上げても心肺にはこないはず。ここ数年はアルファフライの台頭でピッチを下げて大きな走りを目指しきたけれど間違っていたのかもしれないと思った。
・16キロ以降は全て単独走。16-20キロの激坂区間を19.53で終えて息を吹き返す。
・28キロの激坂手前で「やっぱり2度目の激坂は登れないかな…」と弱気になったけれどメイタンCCCの力も借りてスパート開始!
・勿論激坂だからスパートしたからといってペースが上がる訳じゃない。ただ奈良マラソンはこの28キロの激坂を超えないと勝利は無い。奈良は個の力、脚力、メンタルを試されるマラソン。ゼーハーしまくりだけどなんとか乗り切った。
・後は1人ずつ前のランナーを抜かす展開。
38キロくらいで苦しくなったけれど「40キロ地点で家族が待ってるから!久々に最後までしっかり頑張りたいから!」
諦めずに走れた。
前日ビール2L負荷はあほだけれど(笑)、今日の天候、体調、メンタルで思いっきり頑張れたかな。
・結果的には前半1.23.38、後半1.22.59でネガティブスプリット。別に最初からネガティブスプリットを狙った訳じゃない。あくまで結果的にうまく流れに乗せられたからかな。
・練習や過去の記録からもっと走れるでしょ?と言う意見は良く分かる。㌔3.45で20キロ走も㌔3.30で5-6キロも出来る。ただやっぱりフルマラソンで結果を出すというのはとても難しい。
大きな記録の後3,4年間低迷するのも自分の中では当たり前だし、今の自分が整っていないのは自分自身が一番良く分かっている。
そういう状況で自己ベストに届かなくても、きっちり走れたんだというその自信。その思いを繋いでいきたい。

最後に、、、

40キロ地点で娘&息子とハイタッチするシーン。
え!?めちゃくちゃ笑ってる!
なんだ。僕フルマラソン楽しんでるじゃん(笑)
今年で9回目の奈良マラソン。久々に充実感のあるフルマラソンだった。
おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました