プロフィール
まさあき

運動大嫌い、陸上経験0、最大体重は95kgありましたが、現在64kgまで減量しました。
マラソン歴11年目。
「各距離の自己ベスト」
・1キロ2分55秒1(2021/4月練習)
・5キロ16分35秒6(2020/10月練習)
・10キロ34分47秒(2021/1月練習)
・ハーフ1時間14分58秒(2021/1月練習)
・30キロ1時間48分40秒(2020/12月大阪ロードレース)
・フルマラソン2時間35分19秒(2021/3月第43回大阪フルマラソン)

フルマラソンで2時間35分を切るため頑張っています。
陸上経験の無い市民ランナーに役立つ情報をお届けできれば幸いです。

まさあきをフォローする

2018年11月25日大阪マラソンレポート

大会記録
スポンサーリンク

★レース前調整(3日前体重65.2kg、2日前体重64.1kg、前日体重65.7kg)
・7日前のポイント練習は8キロ走28.25(Average3.33)と想定以上の出来だった。
・3日前の1キロ走はキロ3.30。想定よりも5秒ほど速くコンディション良く感じた。
・しかし前日のゼッケン受け付けでは少しイライラしており、さらに右大腿四頭筋内側に違和感を感じていた。今振り替えれば5年ぶりの自己ベスト更新がかかり、相当緊張&不安があったのかもしれない。夜ご飯はしっかり鰻丼&カステラを完食。胃もたれも無かった。

★レース当日(ラン前体重64.1kg、約3200kcalカーボローディング、10℃晴れ、ほぼ無風)
・朝4時に起床。何となく緊張していて時間潰しに静的ストレッチをした。これが災いとなり、右背筋を少し痛めてしまった。
・5時~体幹トレーニング、動的ストレッチを行い家を出発。痛めた右背筋に対する不安も重なり、気持ちの余裕はなかったと思う。

★レース内容(シューズ:ヴェイパーフライ27.5cm)
・スタート~5km:19.38
かなり緊張しており、早く自分のリズムに乗らないといけないと焦っていた。そして500m程走った後前方ランナーの脚と接触し、まさかの転倒。右肩&右大腿を打撲したがすぐに起き上がり何とかレースは続行した。

・5km~10km:19.34
5km辺りから右大腿の痛みを感じ始めた。軽い肉離れなのかつったのか分からないが、とにかく走る度に痛くて打撲した右大腿四頭筋が固まってしまった感じだった。

・10km~15km:19.48
何となく苦しい。右大腿の痛みで走っていても楽しくなく、いつリタイヤしようかとばかり考えていた。

・15km~20km:19.37
17キロ地点での家族の応援で少し気持ちを持ち直すが、精神的にはだいぶ苦しかった。

・20km~25km:19.33
23キロ地点でカフェインタブレット投入。想定よりも大幅に早いが、同時にギアチェンジ。35キロ以降の事は考えず、気持ちが切れる前にラストスパートを開始した。

・25km~30km:19.19
スパートした影響で最速区間となった。右大腿を庇った影響か、左大腿四頭筋も疲労で筋肉痛になり始めた。

・30km~35km:19.44
左大腿の痛みが状況を好転させることとなる。前半は右大腿の痛みでリズムをとれずに走っていたが、左大腿も痛みだした事で左右のバランスが改善。もちろん苦しいが、思った以上に失速せず走れた。

・35km~40km:20.35
スパートした影響かもはや脚が持たない。5年間苦しんだ想いを胸に泣きながら走った。

・40km~ゴール:9.15
必死に前へ。全く余力なくゴール。

記録:2時間47分03秒(Average3.58)、総合210位

★総括、反省点
・執念でつかんだ5年ぶりの自己ベスト更新だった。
・当日急に静的ストレッチをするなど、普段と異なる事をしてはいけない。
・1週間前の8キロハイペース走は負荷が高いのではないか。やはり5日前5キロ走の方が合っている気がする。
・前日から少しイライラしていて気持ちの面でも整わず。前日&当日機嫌の良さがレースの出来を決めるといっても良いかもしれない。今後は緊張していても機嫌良く過ごせるように気持ちを整えたい。
・スタートから5kmまでは絶対焦らない。35キロ以降のスピードを考えると焦って前方ランナーを抜かすメリットは皆無。今後はゆっくり入る事を徹底する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました